So-net無料ブログ作成

野の花とか

ひん死のRICOH CX3が がんばってくれた
かなり暗めの露出になる カメラが勝手にやってるんだけど
でも なんか良いときもある 
RIMG2902hc.jpg

つづくんだなぁこれが


五月の空とライラック

風が強くてさ 花撮りには向かない日 

ライラック見っけ 昼休み 車を停めて撮した 一枚撮してモニター見て

暗いかな 後三枚は+0.3で撮ったら 明るすぎだし ブレブレだし うまくいかん

っていうか こういう液晶モニターの癖を憶えていて経験として 次にいかせば だんだん上手くなると思うんだけど

あ” 忘れちゃうんだわ 

DSC04309ライラック.jpg


これは 菜の花だよね だよね!
DSC04305hcnanohana.jpg


最近 乙川優三郎 という作家の現代物に 嵌ってます

異国から移り住み、伴侶をなくした女性が房総の町で 淡々と生活する様子を描いた

(「サヤンテラス」)

朝の通勤途上 車を運転しながら この短編の朗読をラジオ文芸館で聴いた 

何処のはなし ちょっと異国の匂いもする 最初から最後まで聴いた訳じゃないから

余計に気になって 会社に着いてから調べた 著者は乙川優三郎 時代小説の第一人者が

最近 現代小説を書き始めたと 初めて聴くすこし古風な作者名

最初に書いた 短編が載っている 「トワイライト・シャッフル」


小説を書く時に心がけて大切にしているのは景色が見えるということで

きれいな言葉遣いは今も生きていて、そういう女性の方が美しく見えますよね。いざ書こうとすると、女性の像が浮かび、自然に女性を主人公にしていたようです

作者が新潮社のウェブマガジンの取材に答えた物ですが

私の目標は「山椒魚」のように短い、優れた短篇をひとつ書き上げることです。

おとかわ・ゆうざぶろう

すでに 時代小説の第一人者



先日読んだ2冊目

翻訳者と同時通訳者 ひと組の男女のすれ違う愛の形と人生を描き出す。

「ロゴスの市」 これも渋くて なかなかいい本だった

3冊目 短編集 「太陽は気を失う」



そして今は 「脊梁山脈」読んでまーす でもね眼の調子も余り良くないから少しずつだわ

写真も読書も 眼が悪いとつらいね 皆さん眼を労って大切にしましょうね 

チューリップ 芝桜 猫ちゃん

昨日夕方 6時頃 いつもの公園

D700と50mmf1.8G 開放じゃなかったのに こんなにぼけるのか

このレンズ安いし 色乗りもいい 一番好きかも

NSC_8501hcshiba.jpg
NSC_8497hc-cyu2.jpg


ニャンコ 白子さん くっついてきて離れなかったよ
ちょいぶれ コンテニューでヒゲがいちばんピントピッタリ 動きもあっていいね
NSC_8508hcnyan.jpg

グリーン 初夏

今日は暖かくいい天気だった 明日からしばらく続くらしい これからが北海道の一番いい季節だ

明日は半袖で会社に出かけようかな



NSC_8453hc.jpg
NSC_8457hc.jpg
NSC_8464hc.jpg
今井美樹に「半袖」という歌があるけど 知ってる? なかなかいい曲    不倫の歌だけどねwwww 「半袖」

しだれ八重桜

土曜日に D300にタムロン90で撮った

花は薄曇りの時の方が撮りやすいよね ピーカンだと ハイライトが飛んだり

RAWで撮ればいいんだろうけど めんどくさい

DSC_5873hc.jpg


DSC_5874c.jpg


DSC_5872c.jpg


月1ブロガーってどうなの? せめて週1ブロガーくらいにならないとね

でもね 結構 下書きのままのがあるんだけど 特に言いたいことがあるわけじゃないし

どこかに出かけて撮った写真でもないからね そのままになって時期を失って行く・・・

超不定期なのに見てくれる人に 感謝しています

どもっ ありがとうです

儚さ(はかなさ)って

人の夢って書くんだね

何か 納得しちゃうんですけど

将来の夢とか 別に 考えないでここまで来ちゃったよ

 
蜷川さん ご冥福をお祈りします  もう灰皿は飛ばない

私 怒鳴られるのは嫌いです

RIMG2887hcsque2.jpg

CX3  デジタルで写真を再開した時に買った 最近露出が時々おかしい でもこの写真はなかなかいい
自画自賛 豆粒センサーだよ

DSCF3207hc.jpg

X-E1 これは 渋めの色で決めてみた

今年も 公園の桜 静かに咲いて 静かに散ったよ




Created with flickr badge.